読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココトチ不動産情報室

ココトチ不動産情報室は、長崎県央地区(諫早、大村)を中心に様々な不動産情報をお届けします。

登記簿謄本(登記事項証明書)① ~謄本って何?~

 

皆さんこんにちは。

cocoTOCHI(ココトチ)の「関西弁の熊」こと小野です。

 

今回は登記簿謄本についてお伝えしようと思います。

皆さんは登記簿謄本ってご存知でしょうか?

今まで、まったく接点が無かったって方も多いと思います。

 

登記簿謄本とは、法務局に登記してある情報の写しの事です。

「土地」「建物」「法人」などの種類があって

一般的に必要になるのは「土地」「建物」の2種類かな。

ですので、「土地」「建物」を基本に進めて行きますね。

 

登記簿ってのは、むか~し法務局に存在した(今でもちゃんとありますが)

リングファイルの親分みたいな分厚い簿冊のことで

謄本ってのは、原本の内容をそのままコピーした(書き写した)もののことなんですね。

だから、法務局に登記してある情報を原本通りにコピーされたものが

「登記簿謄本」ってことになります。

 

現在は登記情報がコンピューター記録されていますので

登記簿は法務局の奥のほ~に隠されています。(多分ね)

なので、登記簿が無いから登記簿謄本って呼ばないんですよ。

今は「登記事項証明書」っていいます。

 

これが「土地登記事項証明書(見本)」です。

f:id:cocotochi:20160315183245j:plain

 

まぁ、登記簿謄本って言う人の方が多いですが。

なので、法務局の請求用紙にも謄本って書いてないんですよ。

確か…多分…きっと…

 

という事で、続きは次回!

何かご質問や指摘がありましたら、遠慮なく連絡ください。

でも非難は遠慮させて頂きます!

心が折れて泣いてしまうから!

ほな!また!