読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ココトチ不動産情報室

ココトチ不動産情報室は、長崎県央地区(諫早、大村)を中心に様々な不動産情報をお届けします。

仲介手数料3 ~両手?片手?~

皆さんこんにちは。

ココトチの「関西弁の熊」です。

今回は不動産屋さんの仲介の仕方に

ついてお伝えしようと思います。 

 

買主さんと売主さん

一般的に不動産屋さんって

土地や建物を売ってますよね。

その一方で買いたい人も

不動産屋さんに行きますね。

つまり、

売りたい人(売主さん)は

不動産屋さんに頼みます。

買いたい人(買主さん)も

不動産屋さんに頼みます。

ってことになりますね。

こんな感じでしょうか。

f:id:cocotochi:20160411174945j:plain

 

片手!

こん時に不動産の売買が成立しました!

ってなったとすると

売主さんは赤い不動産屋さんに

「売ってくれてありがとう!」って

ことで仲介手数料を支払います。

買主さんは緑の不動産屋さんに

「見つけてくれてありがとう!」って

ことで仲介手数料を支払います。

不動産屋さんが2社出てきましたね。

こんな風に不動産屋さんが

売主さんか買主さんの

どちらか一方からだけ

仲介手数料を頂くことを

片手仲介って言うんです。

不動産屋さんから見た表現ですね。

 

両手!

はい!勘の鋭い方は

もうお分かりだと思いますが

買主さんも売主さんも

同じ不動産屋さんに頼んだとすると

不動産屋さんは1社しか出てきませんね。

こんな感じです。

f:id:cocotochi:20160411181707j:plain

こん時に不動産の売買が成立しました!

ってなると、不動産屋さんは

売主さんからも買主さんからも

仲介手数料を頂くってことになりますね。

このことを両手仲介って言います。

不動産屋さんから見た表現なので

左右両手で仲介手数料を握れるんですね。

ちなみに熊はこんな表現嫌いです。

 

悪いことじゃないんだよ

以前のブログに仲介手数料は成功報酬!

って書きました。

不動産屋さんは、売主さんから

「この不動産売って」って

頼まれると広告を出したりして

買いたい人を探すんです。

と同じように

不動産屋さんは、買主さんから

「こんな不動産が欲しい」って

頼まれると色んな情報を集めて

希望に沿う不動産を見つけようと

頑張るんですね。

なので、両手がダメとか

片手ならOKって

ことではないんですよ。

 

でもね…

お金が欲しくて欲しくて

しょうがない不動産屋さんは

両手にこだわるようになりますよね。

だって、仲介料が2倍だもん。

そんな考え方を中心に働きだすと

売主さんから魅力的な不動産を売って

って頼まれたけど、他の不動産屋さんに

教えないで自分で買主さんを探しちゃえ!

ってなりますよね。

売主さんは

「もっと大勢の人に不動産を売ってる

ことを伝えてくれれば早く売れるやん!」

って不満がでるでしょ。

買主さんは

「あんな不動産が欲しかったのに

扱ってる不動産屋さんのこと知らんから

買われへんかった!」

って不満がでてきます。

デメリットはまだあります

高くで買いたい人に情報がいかないとか

両手欲しいので最初から査定金額を

安く設定するとかですね。

なので、両手仲介はダメって

言う人も多いんですよ。

 

なので!

不動産屋さんは指定流通機構に情報を

登録しないといけない!

ってなってるんですが

この辺のことは次回にしましょう。

なぜなら!もう疲れたから!

ほな!また!